キッズ&ユース活動

コンピューティング

HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth

競技プログラミングコンテストをオンラインにて開催

FIFは、フューチャーグループが2018年から開催しているオンライン競技プログラミングコンテスト「HACK TO THE FUTURE」のなかで⾏うユース世代のため特別企画、「HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」を今年も実施します。
3回目となる今年も18歳以下を対象にした予選・本選形式で、ユース枠として予選上位10名と全国6ブロック(北海道東北、関東、中部、近畿、中国四国、九州沖縄)の成績上位者各1名の計16名を招待します。
これまで「HACK TO THE FUTURE」はユース企画とともに、予選・本選いずれも制限時間8時間で1問の問題を解くマラソン形式のコンテストでしたが、年々増加する参加者のニーズを受け、今回は初の取り組みとして予選は10⽇間(240時間)、本選は8時間で競うコンテストとしました。⻑期の予選では、アルゴリズムを構成する⼒やプログラミングの正確さに加え、アプローチの評価や改善を計画的、継続的に⾏いながら戦い抜く⼒も試されます。
昨年に続きすべてオンライン開催のため全国どこからでも無料で参加可能ですので、自分の実力を試したい方、全国の競プロerと交流したい方のご参加お待ちしております!

過去の開催レポートはこちらをご覧ください。
HACK TO THE FUTURE 2020 for Youth 開催レポート
HACK TO THE FUTURE 2021 for Youth 開催レポート
デジタルの日特別イベントの開催レポートはこちらをご覧ください。
HACK TO THE FUTURE for Youth+ 開催レポート

※ユース枠は2003年4月2日以降生まれの18歳以下を対象としています。
※上記の写真は、昨年のコンテストの様子です。

【開催概要】

日時
予選:2021年11月3日(木)19:00~ 11月13日(土)19:00※10日間 / 本選:12月18日(土)10:30~18:30
会場

オンライン開催
※問題と結果は、AtCoderのコンテストページよりご覧ください。
※期間内であれば途中からの参加も可能です。

ユース枠対象者

小学生~高校生・高専生の方
※2003年4月2日以降生まれの18歳以下の方

参加申込

AtCoder参加登録ページ

※本プログラミングコンテストは AtCoder 株式会社( https://atcoder.jp )の
オンラインシステムを利用するため、アカウントをお持ちでない方は、
AtCoder(https://atcoder.jp )の「新規登録」からアカウントを開設し、
コンテストページ「デジタルの日特別イベント HACK TO THE FUTURE 2022 for Youth」から「参加登録」を行ってください。

プログラム

予選:
プログラミングコンテスト(10日間)

本選:
プログラミングコンテスト(8時間)
表彰式
懇親会(任意)
※本選参加者の方にはFIF事務局から当日の詳細をご連絡します。

奨励金

成績上位者には奨励金を授与します。
1位 ¥30,000
2位 ¥20,000
3位 ¥10,000
※未成年の方の奨励金の受領にあたっては、保護者の同意が必要となります。

共催

フューチャー株式会社、フューチャー イノベーション フォーラム